• ホーム
  • ケアプロストの副作用で二重瞼に?

ケアプロストの副作用で二重瞼に?

ニコニコする女性

ケアプロストはまつげの育毛・増毛に効果があるとしてFDA(アメリカ食品医薬品局)に正式に認められた医薬品です。
一般的なまつげ美容液とは異なりまつげの育毛剤として販売され、確かな効果と安全性から女性の間で高い人気を誇ります。
使用方法は専用のアプリケーターや先の細いブラシなどを使ってまつげの根元に塗っていくだけという簡単なものですが、目に入ったり、他の部分に液がつかないように注意する必要があります。ケアプロストは元々、緑内障患者の眼圧を下げる為に使用されてきた点眼薬なので目に入ったとしても危険性は高くありませんが、目の充血やかゆみ、ドライアイなどの副作用が出る場合があります。また、液が他の部分(主にまぶたに滲む可能性が考えられます)についてしまうとその部分の毛が濃くなってしまったり、色素沈着や黒ずみを引き起こしてしまうこともあるので使用する際は量を多くつけすぎず、少量を丁寧に塗っていきましょう。ケアプロストは少量つけるだけでも効果を発揮し、まつげだけでなく眉毛の育毛剤としても使うことができます。
さらに、ケアプロストには上で挙げたような副作用がありますが、それ以外にも使用によって二重瞼になるという驚きの副作用もあります。これはケアプロストに含まれるビマトプロストという眼圧を下げる成分が関係しており、その作用によって瞼を圧迫する力が弱まり、瞼が緩んで二重になるという現象が起きます。(すべての方が必ず二重になるというわけではありません。)
ケアプロストは安全性の高い医薬品ですが、人によってはアレルギー反応を起こしたり、何らかのトラブルが起きてしまうこともあります。アレルギーや目に異常を感じた場合は使用を中止し、眼科医に相談するようにしてください。